20.12.08

Zenvo ST1

zenvo_st1.jpg

ついこの間、6輪のスポーツカーについて書いたけれど、この世界的恐慌のご時世、スーパーカーと呼ばれるような部類のクルマだけは妙に調子が良く思えてしまう。

今度はデンマーク産のスポーツカー。
Zenvoオートモーティブ社が発表した“ST1”と呼ばれるクルマ、GM製7リッターV8エンジンにターボもスーパーチャージャーも追加しちゃって、1104馬力を絞り出し、最高速375km/hを記録するらしい。

北欧のクルマといえばボルボサーブが思い浮かぶけれど、スーパーカーのイメージは無いので、ちょっと意外。

見た目は今時の過激なスポーツカーといった感じで、フロント周りはちょっとやり過ぎ感はあるけれど、基本的には悪くないかも。

新興メーカーが新型車を覚えてもらうために、これぐらいの過激さは必要なのかもしれないし。

個人的にフロント周りは微妙だけど、サイドからリア周りにかけてのデザインは良いと思う。
物凄くわかりやすいデザインではあるけれど、いかにも速そうだ。

ただ、GM製V8エンジンにターボとスーパーチャージャーで過給と言われると、パフォーマンスは認めるものの、ちょっと情感に欠ける走りを想像してしまう。
・・・実際はどんな走りか知らないし、おそらく確かめようもないけれど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/830

コメントする