22.12.08

Illuminight 万博 X'mas Party!!

illuminight_banpaku_08_01.jpg

去年から万博公園ではクリスマスの時期に“Illuminight 万博”と称してイルミネーションイベントを開催している。

初年度だった去年は“Illuminight Banpaku World Illumination Expo”と題されたイベント、2年目の今年は少しボリュームアップして“Illuminight 万博 X'mas Party!!”という名前になって、12月20日からイルミネーションが始まっている。

去年も行ったんだけど、今年も夜の太陽の塔見たさにすっかり暗くなった万博公園に足を運んでみた。

今年の太陽の塔は単にライトアップされてるだけではなく、“D−Kライブ デジタル掛軸”というかたちで、アーティスト長谷川章氏による巨大な映像掛軸が太陽の搭に映しだされる。
見ているうちに刻々とその表情を変える太陽の塔は結構新鮮。

公園に入る前から、遠くにその様子を見る事も出来る。

illuminight_banpaku_08_02.jpg

それでも、遠くからじゃあやっぱりその雰囲気は伝わらなくて、公園に入り、広場に立っている太陽の塔を見上げると、イベントの告知なんかから想像していたよりずっと鮮やかな色彩が映し込まれていて、ちょっと驚いた。

普通にプロジェクターで映されたようなものを想像していたから、もうちょっと彩度の低い色合いなのかなと思っていたら、ホントに鮮やかな色。

まぁ、太陽の塔の顔や模様の上に重なるので、そのとき映される映像によっては微妙に怖いものなんかもあるんだけど・・・。

あと、刻々と映像が変わっていくので、「この色と模様は綺麗」なんて思ってからカメラを用意していると、その間に別の映像に変わってたり、暗い中撮ってるんで結構手ぶれしてたり。
こういう時は三脚が欲しい。

illuminight_banpaku_08_03.jpg

とりあえず、正面から後ろにまわって1枚。

個人的には太陽の塔の後ろ姿、後ろに描かれている“過去の太陽”も結構好きだったりする。

去年は太陽の塔の周りの広場だけだったイルミネーションも、今年は範囲が広げられて、ちょうど太陽の塔の後ろ側、東大路は“星ふる光の小道”と題されたイルミネーション。

この辺りでは時間によってライブが行われているステージがあったり、エスニックな露店があったりで、ホンの少しお祭りっぽい雰囲気も。
ただ、まだ2年目という事もあってか、ちょっと規模は小さめ・・・。

illuminight_banpaku_08_04.jpg

さすがに夜は寒いので、そんなエスニックな露店でタイ風ラーメンなんかを買ったりしつつ、公園内をウロウロ。

真下から、太陽の塔の真ん中の顔も。

うーん、色みのせいもあってちょっと怖いな。
まぁ、ライトアップされてなくても、この顔は怖いんだけど。

一応、ライトアップに使用されてる電力はバイオディーゼル発電でまかなわれてるそう。

illuminight_banpaku_08_05.jpg

一通り色々ライトアップしているのを見てあとは帰宅。
帰りに見る太陽の塔はまた表情を変えてた。

久しぶりに見たのが夜だったので、今度は昼間にも見たくなったな太陽の塔。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/828

コメントする