30.12.08

ホンダの買収先はメキシコ企業?

honda_f1_fuji.jpg

F1から撤退する事が決まったホンダ
その売却先をめぐって色々な報道を目にするけれど、最近どうやらその中でも有力そうな話が、メキシコの富豪、カルロス・スリム氏がホンダF1を買収する事が決まったという話。

一応、関係者は否定しているらしいけれど、売却額は1ドルだとか、すでにカルロス・スリム氏がホンダのファクトリーを視察しただとか、ドライバーはバトンとブルーノ・セナだとか、結構具体的な話が漏れてくる。

まぁ、正式には発表されてないので、どこまで本当か知らないけれど、売却先が決まるのであれば、チームが消滅するよりはまだいいか。

ちなみに、スリム氏が経営する企業がブルーノ・セナのスポンサーになっているらしく、その辺りからもチーム買収やブルーノ・セナ起用という話が信憑性のあるものに感じられはするけれど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/820

コメントする