08.01.09

Farbio GTS

farbio_gts.jpg

最近は、世界的に少量生産のスポーツカーが流行ってきてるのかな?
昔のバックヤードビルダー的な、小さなスポーツカーメーカーのクルマが発表されるニュースを最近良く見る。

6輪スポーツカーだったり、超弩級のスーパーカーだったり、エコスポーツカーだったり。

そして、この度日本に正規輸入される事になった“ファービオ GTS”というクルマ、これもこのクルマを作るためだけに設立されたイギリスのファービオ社というメーカーが生産するスポーツカー。

フォード製V6エンジンをミドに搭載し、カーボンのボディを纏う、レーシングカーのような作り。
最近多い、ゴテゴテしたデザインじゃなく、結構シンプルなデザインにまとめたあたりは嫌いじゃない。まぁ、ちょっとありがちな見た目ではあるけれど・・・。

このファービオ GTS、グレードが3つ用意されていて、264psから415psのモデルが用意され、価格は1470万円から。

個人的には、大きくてハイパワーな路線ではなく、程よいパワーに軽量コンパクトな車体という路線のクルマは好み。
車重は1040kgから1056kgと、最近のクルマとしてはかなり軽い。

まぁ、ボディがカーボンなんで、軽量化したその分だけ、値段はかなり高額だけど・・・。

どれぐらい輸入されるか知らないけれど、街中で見る事はあるのかな?
ち写真で見る限り、ょっと地味なので、パッとすれ違っただけではもしかしたら気付かないかも。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/811

コメントする