12.01.09

Mercedes-Benz SLR McLaren Stirling Moss

slr_mclaren_stirling_moss.jpg

世界的な不況の影響で、かなり厳しいと言われてる自動車業界。
日本だけじゃなく、世界のどのメーカーも苦境に立たされているというニュースをよく目にするんだけど、ちょうど11日から開幕したデトロイトモーターショー関連の情報を見てみると、「クルマ売れてないってウソでしょ!」と思えるようなスーパーなクルマの初公開が多数。

まぁ、アメリカの自動車産業の中心地、デトロイトでのショーだけに、無理してでも盛り上げなきゃっていうのもあるかもしれないけれど。

で、そんなデトロイトで初公開された中の1台、“SLR McLaren Stirling Moss”。

往年の名ドライバー、スターリング・モスの名を冠したメルセデス SLRのロードスター。

コレ、5.5リッターV8エンジンをスーパーチャージャーで過給して650馬力を引き出し、最高速度350km/h、0-100km/h加速は3.5秒を誇るスーパースポーツなんだけど、そのくせにミドシップや四駆じゃなく、FRの駆動方式を採用してるので、そのプロポーションが古典的FRスポーツカーの雰囲気を醸し出していて、結構好み。

まぁ、細かい部分のデザインがメルセデスのそれはあまり好きじゃないので、これを買える財力があっても、このクルマは選ばないだろうけれど、この極端なロングノーズは格好良いと思う。

75万ユーロもするらしいけれど、これに乗る時は写真のようにゴーグル付けてフル装備な格好で乗らなきゃいけないのかな・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/807

コメントする