15.01.09

MINI COOPER S に乗ってみた。

mini_cooper_s_090111.jpg

いつも実家へクルマで行く時に横を通っていて、ちょっとだけ気になってたMINIのディーラー。

初代よりは大きくなっちゃったし、BMWになっちゃったとは言っても、大きさ的には程よい感じだし、やっぱりMINIって結構走りそうなイメージなんで、一度乗ってみたいなと。

そこで、実家に行く用事が出来た時に、ちょっと時間があったので、そのMINIのディーラーに寄ってみる事にした。

147を駐車場に置き、中に入ると色んな色のMINIが展示してある。
グレードも、最近出たクラブマンも置いてあるし、ONECOOPERCOOPER Sと全グレード有り。
冬だからか、旧型になっちゃうからか、コンバーチブルだけは展示してなかったけれど。

少しクルマに関する説明を聞いて、試乗出来るか確認してみると、全グレード試乗可能との事。
折角なんで、トップグレードのクーパーS、6速MTに試乗させていただいた。

クーパーSは1598ccのの排気量にツインスクロールターボで過給し、175ps(128kw/5500rpm)を発生する直4エンジンを搭載した、かなり走りに振ったモデル。

用意していただいた濃いブルーのMINIに乗り込み、シートやミラーを合わせる。
ドライビングポジションは良い感じだし、ボディサイズの割に広く感じる。
フロントウィンドウが立っているからか、頭上空間も147より余裕のある感じ。

折角だからと思って選んだ6速マニュアルのギアボックス、2年ぶりぐらいに足を乗せるクラッチペダルを踏み込み、シフトレバーを1速に。
スポーツモデルの割にはシフトストローク、クラッチのストローク共に長めな印象。
コクコクと手首で入れるようなシフトじゃなく、グイっとギアチェンジしていく感じ。

走り出すと伝わってくるのはエンジンの力強さ。
エンジンの性能曲線とかは見ていないけれど、低回転からかなりトルク出てるんじゃないかな?
普通にアクセル踏み込んで加速させ、あまりタコメーター見ないで走らせると、その加速感で2000回転とかでシフトアップしちゃうし、それでも充分速い。
逆に、高回転まで回してもあまり盛り上がりは感じられず。

試乗コースが街中で、比較的交通量の多いところだったので、ハイペースでグネグネ曲がるような場面が無く、ハンドリング云々はあんまり確認のしようがなかったんだけど、雰囲気的にはキビキビ走りそう。

mini_cooper_s_090111_y.jpg

しかし、普通に街中で乗るにはクーパーSは速すぎるかも。
売れ筋が中間グレードのクーパーという理由もわかる気がする。

比較的小さめなサーキットや、ワインディングなんかに持って行ったら楽しいクルマなんだろうなぁ。

室内のスイッチ類や、小物なんかのデザインも良いし、こういう雰囲気が好きなら間違いは無さそうなクルマ。
願わくば、もう1度、ワインディングかサーキットで乗れたらなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/804

コメントする