18.01.09

ゲームから本物のレースに参戦、しかも完走

gt_academy_350z_dubai_24h.jpg

PS3のゲーム、“グランツーリスモ5プロローグ”で腕を競い、勝ち残った2人がトレーニングなどを積み、ライセンスを獲得して、実際に行われる本物のレースに参戦するという企画、“GTアカデミー”。

そのGTアカデミーでの優勝者が参戦するドバイ24時間レースが先日行われ、キッチリ完走を果たしたそうだ。

24時間耐久レースは、さすがに1人で走るワケじゃないけれど、暑い昼間の走行も、視界の悪くなる夜間の走行もあるし、マシンのトラブルによる不測の事態だって結構ある。
そんな過酷なレースを、ゲームでオーディションされた人が初挑戦で走りきるなんて、これはなかなか凄い事。

まぁ、体力面はレース参戦が決まってからのトレーニングでなんとかしたんだろうけれど、ドライビングスキルはやっぱりゲーム、グランツーリスモで培われたものという事になるのかな。

ゲームの世界からドライバーを発掘し、本物のレースに参戦させるという形で、実際にレースに参戦したというのは、モータースポーツの歴史上初の事になるらしい。

確かに、実際にゲームをプレイしてみても、PS3のGT5 プロローグの出来はかなり良い感じなので、これで練習すれば、本物のクルマでの走りも上達するかなとはちょっと思う。
ステアリングコントローラで操作すれば、ステアリングから伝わってくる反動はあるものの、ペダルの感触や、身体に伝わる前後左右のGなんかが感じられないのはちょっと惜しいところではあるけれど。

最近ではF1ドライバーなんかも、初めて走るコースや、トレーニングなんかでは、ゲームのようなシミュレーター(こんなヤツ)で練習しているし、そのうちカートからのステップアップではなく、ゲームで実績を残してレースに参戦して、F1までステップアップするようなドライバーが出てくるのかも。

ドライバーのオーディションでは2人が選ばれていたけれど、実際レースを走ったのは1人みたい。
もう1人はレースに参戦するまでのトレーニングとかで脱落しちゃったのかな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/801

コメントする