19.01.09

Volkswagen Concept BlueSport

volkswagen_concept_blue.jpg

フォルクスワーゲンがデトロイトショーで公開した、ライトウェイトスポーツのコンセプトモデル、“Concept BlueSport”。

132kW(180PS)の直列4気筒2リッターのターボディーゼルエンジン、TDIをミッドシップにマウントし、後輪を駆動、6速DSGとの組み合わせで0〜100km/h加速6.6秒、最高速度226km/hと十分な性能。
アイドリングストップ機構やエネルギー回生機構を搭載し、燃費の方も約23km/Lという環境にも配慮したオープンスポーツ。

コレ、結構格好良いかも。
しかも、中身も申し分無いスポーツカー。

サイズは3990×1745×1260mm(全長×全幅×全高)と、大きさ的にも程々だし、1200kg以下と言われる車重も、現代のレベルだとかなり軽い。

フロントフェイスは最近デビューした同メーカーのシロッコや、新型のゴルフと同様のデザイン。
シロッコの時もなかなか良いと思ったけれど、VWのこの新しい顔、シンプルでいながらスポーツカーにもコンパクトカーにも似合う感じ。
このConcept BlueSportも速そうで良い。

全体的にもギュッと詰まった塊感があるし、シルエットも悪くない。

まだ市販がどうとかのアナウンスはされていないけれど、コンセプトの仕上がりを見る限り、かなり市販前提のデザインじゃないのかな?
そのあたりどうだかわからないけれど、是非市販して欲しいモデル。

FFじゃなく後輪駆動にしたのもまた良い。

まぁ、今もう1台、それもオープンカーを買う余裕なんてないけれど、少なくとも走ってるとこは見てみたいな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/800

コメントする