20.01.09

Williams Toyota FW31

williams_fw31.jpg

アルガルブ・サーキット(ポルトガル)で行われている、2009年最初のF1合同オフテストで発表された、ウィリアムズのニューマシン“FW31”。

これまでに発表されている2009年型マシン、フェラーリマクラーレントヨタのクルマと比べても、シンプルなカラーリングのせいもあって、スッキリとしていて格好良い。

フロントウィングやリアウィングなどの形状が2009年のレギュレーションに合わせた形状になっているのは他のチームと同様。
このFW31の見た目の特徴としては、太く大きいフロントノーズ前端や、他のチームでは両サイドになだらかに下がっていっている形状のサイドポッド後部がせり上がるような形状になっている辺り。
サイドポッド前端に付いているウィングレット状のパーツもスッキリ収まってるし、なかなか速そうで良い感じ。

アルガルブテストの初日では生憎の雨に見舞われてしまい、実力の方はわからず(晴れてたとしても、最初のテストなので、結局はわからないかもしれないけれど)。

ドライブしたのもテストドライバー、ニコ・ヒュルケンバーグだったので、中嶋一貴辺りからのコメントも無いけれど、個人的には良い感じのマシンなんじゃないかなと思う。

カラーリングは開幕までに変わるハズ。

ホンダが撤退、佐藤琢磨の参戦も微妙なところだけに、日本のF1ファンの期待が集まるウィリアムズと中嶋一貴には頑張って欲しいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/799

コメントする