21.01.09

FIATとCHRYSLERが提携

fiat_chrysler.jpg

世間はオバマ新アメリカ大統領の就任の話で持ち切りだけど、アメリカの自動車メーカー、いわゆるビッグ3の置かれた状況は以前厳しいようで、どうやって復興させるか色々言われている中、そのうちの1社、クライスラーフィアットとの提携が発表された。

内容としてはフィアットクライスラーに対して、コンパクトカーのプラットフォーム、パワートレイン、技術などを提供、クライスラーの株式の35%を取得するといったもの。
フィアットからクライスラーへの現金投資は無いらしい。

クライスラーが苦しいのはわかるけれど、フィアットフィアットで、BMWと提携するだの、中国のメーカーと提携して小型車を現地生産するだの、意外と周辺が賑やか。
そういえば、ダイムラーと提携するなんて話もあったけれど、もうダイムラークライスラーは関係無いのか。

これでフィアットにどういうメリットがあるのかは知らないけれど、フィアットグループとの提携という事はアルファロメオにもなんらかの影響があったりするのかな?

今のアルファの場合、159なんかはエンジンブロックやプラットフォームがGM製という辺りが微妙だけど。

フィアットの最近の経営再建が評価されていて、クライスラーの再建計画にもフィアットが関わるらしい。
世界的に自動車業界が厳しい中、共倒れなんて事にならなければいいけれど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/798

コメントする