04.02.09

アストンマーチンが元気だ、最近

aston_martin_lmp1.jpg

なんだか自動車業界、最近は暗いニュースが多い中、意外と希望の持てるニュースをチョコチョコ耳にするメーカーがアストンマーチン

2007年、2008年と、"DBR9"でル・マン24時間耐久レースのGT1クラスを連覇したアストンマーチンが、今度は2009年シーズン、トップカテゴリーのLMP1クラスにエントリーするそうだ。

ちょうど2009年は、キャロル・シェルビーとロイ・サルバドリが"DBR1"を駆ってル・マンを制した1959年から50年に当たる年だそうで、それを記念してという意味合いもあるんだろう。

ここのところル・マンのLMP1クラスは、アウディ以外が勝っているところを見た事が無い気がするので、そのアウディから総合優勝を奪い取って欲しいもの。

ブルーにオレンジのガルフカラーも格好良いし。

aston_martin_vantage_v12.jpg

で、さらにさらに、アストンマーチンからは市販車でも華やかなクルマがデビュー。

アストンマーチン史上最高のパフォーマンスを誇るという、"V12 VANTAGE"。

3月3日から始まるジュネーブモーターショーで価格と合わせて正式発表されるそうで、V8 VANTAGEをベースにしながら、エンジンが4.7リッターV8(426ps、47.9kgm)から6.0リッターV12に変更された事で、最高出力517ps/6500rpm、最大トルク58.1kgm/5750rpmと大幅にパワーアップ。

しかも、エンジンだけで重量増が100kgあるハズのところ、ボディやシャシー側でアルミやカーボンを用いて軽量化する事で、全体での重量は50kg増に抑えられているらしい。

という事で、かなり凄いクルマである事は間違い無いんだけど、アストンマーチンらしく、かなりの部分がハンドメイドなので、年産300-500台程度。
ヨーロッパでは今年の夏頃に発売が開始されるらしいけれど、お目にかかれる機会は少なそう。

個人的には今回のヴァンテージより、以前のヴァンキッシュか、DB9の方デザインとしては好きかも。
まぁ、どっちにしろ格好良いんだけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/784

コメントする