03.03.09

Force India VJM02

findia_vjm02.jpg

参戦2年目のインド系F1チーム"Force India"。

エンジンを去年のフェラーリから、今年はメルセデスにスイッチ。
さらにはギアボックスやKERSのシステムなどもマクラーレン・メルセデスから支援を受けていると言われていて、今年は若干マクラーレンのサテライトチーム化した感がある。

そんなフォースインディアの新型車"VJM02"がヘレス合同テストに登場。

その実力の程はまだわからないけれど、形状といい、インド色を前面に押し出したカラーリングといい、なかなか特徴的なマシンになっている。

個人的に気になる部分は、写真の見え方もあるかもしれないけれど、フロントが物凄くハイノーズな事。
今年は多くのチームが先端の高いノーズを採用してきているけれど、このVJM02はそれがかなり極端に見える。

大きくなったフロントウィングと相まって、フロントの空間がかなり大きく見えるけれど、どうなんだろう。

サイドポッド周りも独特なカタチをしているように見えるし、結構攻めてる感じがしないでもない。

ジョーダン、ミッドランド、スパイカーと、前身チーム時代から続いていた資金難が、インド資本になってからかなり改善したと言うけれど、その辺りの効果がマシン開発にも現れ始めているのかも。

2009年シーズンのニューマシンを登場させていないのは、ホンダを除けば後はトロロッソだけ。
トロロッソがレッドブルのジュニアチームという事を考えれば、マシンのデザインが大きく変わるとは思えないし、これで一通り2009年型マシンが出揃ったと言えるかも。

まぁ、旧ホンダチームのマシンがどんなカタチになっているのか、気にならないでもないけれど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/757

コメントする