01.05.09

F1 来期から給油無し

f1_refueling.jpg

FIAは4月30日に行われた世界モータースポーツ評議会で、来期2010年シーズンからレース中の給油を禁止する事を確認。

94年から再開されて以来、今年まで続いてきたレース中の給油。
F1におけるレース戦略の1つとして完全に定着している感があるけれど、それが来年から無くなるとなると、レース展開は大きく変わりそう。

これまではコース上でのオーバーテイクだけじゃなく、給油のタイミングで前に出るという戦略が採れたけれど、今後はそういう事が出来なくなる。
まぁ、タイヤ交換でのピットインはあるので、完全にコース上で抜くしかないというワケではないけれど、レース戦略の考え方は93年以前の給油が禁止されていた頃と同じような感じになるのかな?

これでコース上でのドライバー同士のバトルが増えるのであれば良いんだけど、ピット作業は見ていてちょっと寂しくなりそう。

他にも、来期からはタイヤウォーマーの禁止、チームの年間予算の制限なんかが決められたらしい。

そういう事も含めて、FIAの狙いはコスト削減にあるみたいなので、レースの面白さは二の次なのかもしれない。

今年は大きなレギュレーション変更によって、チーム間の力関係が思った以上に大きく変わってしまったけれど、来期もさらに大きくレギュレーションが変わるとしたら、更なる順位の変動がありそう。
確かに、毎レース誰が勝つのかわからないというレースは見ていて楽しめるので、今度の変更も、そういう良い方向に転んでほしいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/698

コメントする