10.05.09

F1 スペインGP 決勝

brawngp_bgp001_jb_spngp2.jpg

2009年F1世界選手権第5戦スペインGP。
J.バトンが優勝、R.バリチェロが2位を獲得し、ブラウンGPが1-2。

ポールポジションからスタートしたバトンを、スタートでかわし、一時は先頭に立ったバリチェロだけど、3ストップ作戦が功を奏さず、結局はバトンが再逆転。
バトンの安定した速さを見る事が出来たレースだった。

表彰台のもう1人は3位ウェバー。

ベッテルがマッサに引っかかってる間に、気がついたら前に出ていたような感じで、ピットストップで逆転しての表彰台。

4位には、ずっとマッサの後ろで我慢のレースを強いられたベッテル。
5位アロンソで、地元での入賞にファンは大盛り上がり。
6位に、終盤燃料切れのの心配という、今時なかなかあり得ないチームの戦略ミスによりスローダウンを余儀なくされたマッサ。
7位ハイドフェルド、8位ロズベルグで、ここまでが入賞、ポイント獲得。

相変わらずのブラウンGP勢の速さ、それに続くレッドブルの2人のドライバーの速さも相変わらずだけど、上位チームの差はある程度縮まってきているように感じた、今季ヨーロッパでの初戦。
特に、フェラーリは多少速さが戻ってきているように思えるだけに、あまりにもチームの戦略が酷すぎて、本当に勿体無い。

マッサにしろ、ライコネンにしろ、チームの戦略がしっかりし、マシンの信頼性が確立されたら表彰台ぐらいは狙えるマシンになってきているんじゃないかな。
だからこそ、つまらないミスがホントに残念。

次戦は伝統のモナコGP。
ドライバーズサーキットだけに、意外な速さを見せてくれるドライバーもいるかもしれないけれど、まだしばらくはブラウンGPのマシンが速いかな。
ベッテル、ウェバーのレッドブル勢が結構やってくれるかもしれないけれど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/689

コメントする