23.05.09

F1 モナコGP 予選

mongp_2009_q.jpg

2009年F1世界選手権第6戦モナコGP予選。
ここでもポールポジションを獲得したのはブラウンGP、J.バトン。

これで今季4回目のポール。
まだ搭載燃料量はわからないけれど、最近のブラウンGPは比較的燃料が軽めで、序盤戦ほど他チームに大してのアドバンテージは無いのかも。

バトンの横、久しぶりのフロントロゥに列んだ2番手はライコネン。
これがフェラーリ復調の兆しだと良いけれど。

3番手はブラウンGPのもう1人、バリチェロ。

4番手はレッドブル、ベッテル。
5番手にマッサで、フェラーリは2人とも予選上位に入り、この辺りからも速くなってきたかなと思わせてくれる。

6番手はロズベルグ、7番手コバライネン、8番手ウェバー。
9番手に、3回目のフリー走行でトップタイムをマークしていたアロンソ、10番手に今季初のQ3に進出した中嶋一貴。

ロズベルグも上位に列び、中嶋一貴もQ3に進出したところを見ると、ウィリアムズのクルマはモナコに結構合っているのかも。

予選自体は、Q1でハミルトンがクラッシュしていたり、トヨタが2台ともQ1で脱落していたりと、比較的荒れ模様。
スターティンググリッドがかなり重要なモナコで、トヨタのこのグリッドはちょっと辛いかも・・・。

個人的には少し速さが見えてきたフェラーリに頑張ってもらって、ブラウンGPと互角に走れるところが見たいけれど、なかなかいきなりトップ争いが出来るなんて事は無いだろうなぁ・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/676

コメントする