24.05.09

F1 モナコGP 決勝

mongp_2009_fin_jb.jpg

2009年F1世界選手権第6戦モナコGP決勝。
伝統のレースを制したのはブラウンGP、J.バトン。

さらにバリチェロも2位に入り、ブラウンGPはチーム初年度で、いきなりの1-2。

今回のバトンは隙の無いほぼ完璧なレース。
ソフトタイヤが非常に痛みやすい状況が、タイヤに優しいバトンと相性が良かったという事もあるだろうけれど、バリチェロと比べてもバトンの上手さが際立っていた。

3位に入ったのはライコネン。
最後のピットインでのタイムロスが無ければ、2位バリチェロは逆転出来ていたのではないかと思われるだけに、表彰台に上がったとはいえ、少々残念なレース。

4位にはマッサで、フェラーリブラウンGPに続く3-4フィニッシュ。

モナコは特殊なコースなので、一概には言えないけれど、フェラーリの速さが戻ってきたかなと、少し希望が持てるレースだった。

5位は、こちらもレース終盤追い上げ、表彰台が狙えるかとも思われた、レッドブル、ウェバー。

6位にはロズベルグ、7位アロンソ、8位ボーデで、ここまでが入賞、ポイント獲得。

本当に最後の最後でクラッシュした中嶋一貴は15位で完走扱い。
予選でQ3に進出し、10番手スタートから入賞も狙えるかなと思っていたけれど、レースでは上手くいかず。

他に、ベッテルやコバライネンのクラッシュはあったものの、セーフティカーも出る事なく、比較的落ち着いたモナコGPだったかな。

今回のレースを見る限り、バトンは速いけれど、ブラウンGPが圧倒的かというと、少しは他のチームが差を詰めてきているんじゃないかと思える。
トヨタがあまりに不調だったので、微妙なところではあるけれど、ブラウンGPが頭1つ抜けていて、その後に続くレッドブルトヨタあたりの位置にフェラーリも並んではきているんじゃないかな。
マクラーレンもミスが無ければ、所々で速さは見えている。

次戦はマッサが物凄く得意としているトルコGP。
フェラーリが、今回のモナコGPのような速さをイスタンブールでも見せる事が出来れば、マッサが勝ってもおかしくはないかもしれない。

そろそろバトン以外が勝つところもまた見たいし、このまんまじゃチャンピオンがあっさり決まってしまいそう。

トルコGPは6月7日。
次戦はとにかくマッサに期待。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/675

コメントする