06.06.09

F1 トルコGP 予選

turgp_09_q_sv.jpg

2009年F1世界選手権第7戦トルコGP。
今日行われた予選で、ポールポジションを獲得したのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。

Q2でもトップタイムをマークしたベッテルは、ブラウンGPの2人を抑えて、今シーズン2度目のポール。

2番手、3番手にはバトン、バリチェロのブラウンGP勢。
ウェバーが4番手で、今シーズンの2強、ブラウンレッドブルが上位4グリッドを独占。

ただ、その上位4台は比較的搭載燃料量が少なめじゃないかと予想されている。

その後、5番手がトヨタのトゥルーリ。
6番手にライコネン、7番手にマッサとフェラーリの2人。

フェラーリはQ3にキッチリ2人とも残れるようになってきたし、だいぶ安定して速くなってきたみたい。
フリー走行の3回目でもマッサがトップタイムをマークしていたので、燃料搭載量次第では決勝でも良いレースが出来るかもしれない。

8番手にアロンソ、9番手にロズベルグ、10番手にクビサで、ここまでがトップ10。

中嶋一貴は12番手で、モナコに続いてのQ3進出はならず。

ハミルトンは16位、コバライネンは14位に終わっていて、マクラーレンはかなり厳しい。

今回はマッサにかなり期待してたんだけど、マッサの優勝するパターンを考えると、7番グリッドから逆転して優勝というのはちょっと考えにくいので、さすがにトルコ4連覇は難しいかな。
でも、イスタンブールは比較的長いストレートもあるし、KERSもそこそこ有効に使えそうなので、スタート後のポジション次第で、今回のフェラーリにはちょっと期待出来そう。

ベッテルが逃げ切って、今シーズン2勝目となるのか、バトンが逆転するか、それともトヨタフェラーリがさらに逆転するのか、トップ10のマシンの燃料搭載量はチームごとに結構違っていそうなので、決勝は面白いレースになりそう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/662

コメントする