21.06.09

F1 イギリスGP 決勝

ukgp_09_fin_redbull.jpg

F1世界選手権第8戦イギリスGP。

今回はもう、ベッテルの圧勝。
そして、2位にもウェバーが入り、レッドブルが1-2。

涼しいシルバーストーンの気候がレッドブル RB5にハマったのか、新しく投入されたエアロパッケージが功を奏したのか。
とにかく、今日のレッドブルは速かった。

まず、予選でポールを獲得したベッテルが、トップ10に残った中で重量が一番多かったという事を知った時点で驚き。
一番速いクルマが、一番燃料を積んでいるワケで、何かアクシデントでもでもない限り、今回はベッテルのレース。
危うい場面を見せる事も無く完勝。

今シーズンこれまで7戦中6勝と圧倒的な強さを見せてきたバトン。
ここシルバーストーンでは、熱の入らないタイヤに苦戦。
最後追い上げたものの、結局6位でレースを終える。

ブラウンGPのもう1人、バリチェロは3位表彰台。

4位にはフェラーリのマッサ。
5位ロズベルグ、6位がバトンで、7位がトゥルーリ、8位にライコネンで、ここまでが入賞。

予選自己最高位となる5番グリッド獲得で期待された中嶋一貴は、結局11位。
スタート時の燃料搭載量がかなり少なかったというのもあるだろうけれど、タイヤ選択やピットタイミングの戦略がイマイチだった感じで、ピットの度に順位を落としてしまった。

前の方でレースをした事で、速さも見せる事が出来たし、こういう位置でレースをする事はかなり良い経験にはなっただろうから、次戦以降の活躍に期待といったところかな。

レッドブルが速くなってきた事で、ブラウンだけが圧倒的に速いという状況も変わりつつあり、今シーズンは後半に向けて面白くなってきそう。

次戦ニュルブルクリンクも、比較的路面温度が低くなりがちなサーキットなので、またバトンにはちょっと厳しいレースになるかもしれない。
ベッテルが母国GPで今季3勝目を挙げ、今シーズンのチャンピオンシップの行方をまだまだわからなくさせてくれると面白いんだけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/647

コメントする