27.07.09

F1 ハンガリーGP 決勝

hungp_09_fin_lh.jpg

2009年F1世界選手権第10戦ハンガリーGP。

マッサの事故や、計測機器の不具合などにより、予選から波乱含みだった今回のレース。
マクラーレンのルイス・ハミルトンが、今シーズン初優勝。
去年の中国GP以来の勝利。

コバライネンも5位に入り、フリー走行でも2人揃って好タイムをマークしていたので、マクラーレンの速さが戻ってきている印象。

2位にはフェラーリのライコネンが入り、こちらも今シーズン最高位。
フェラーリにとっては、マッサの容態の事もあるし、ライコネンのこの表彰台は嬉しい結果。

表彰台のもう一人、3位はウェバー。

今シーズン好調レッドブルのウェバーは別として、ハミルトン、ライコネンという顔ぶれの表彰台はかなり久しぶりに見たような気がしてしまう。
まぁ、それぐらい今年のマクラーレンフェラーリの低迷っぷりが酷いという事なんだろうけれど。

4位にはウィリアムズのロズベルグ、5位コバライネン、6位グロック。
7位がブラウンGPのバトンで、ハンガリーでは全く速さが感じられなかった。
8位トゥルーリで、ここまでが入賞。

今回は気温とか路面温度、コースに対する相性なんかが影響したんだろうけれど、かなり意外な結果になってしまったハンガリーGP。

ハンガロリンクとは思えないぐらいにオーバーテイクも多かった(ただし、ほぼピットアウト直後限定)し、マシンのトラブルなんかも多かった気がする。

ポールからスタートし、結局はリタイヤに終わってしまったアロンソも、スタート時の燃料の軽さから、戦略的に優勝は難しかったかもしれないけれど、タイヤのトラブルさえ無ければレース展開をかなり面白くしてくれたんじゃないかと思える。
それだけに、ピットでのミスによるタイヤ脱落というのは本当に残念。
(これが危険とみなされ、次戦は出場停止になるかもしれない。)

今回は中嶋一貴も惜しいところまで来ていたけれど、最終的にトゥルーリの前に出る事は出来ず、9位でフィニッシュ。
今シーズンはまだ一度も入賞が無いけれど、予選でも比較的良いタイムが出せるようになってきているし、入賞までは本当にあと一歩というところ。

ここに来て、各チームの勢力図に大きな変化が見えてきた今年のF1
序盤はブラウンの独走、前戦まではブラウンレッドブルの争いというような感じでシーズン終盤までもつれるかと思っていたけれど、マクラーレンが速くなってきた事で、シーズン後半はまだまだどうなるかわからなくなってきた。

今年のF1、序盤に思っていたよりかなり面白いシーズンになりそう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/611

コメントする