24.07.09

JRC design study 02

jrc_design_study_02.jpg

web上で色々ニュースを見てたら、7月22日から開催されてる、ワイヤレスジャパンという通信関連のイベントの記事で見かけた、"JRC design study 02"というWILLCOMのコンセプトモデル。

なんでも、バイクでのブロードバンド・モビリティツールだそうで、フルフェイスのヘルメットに取付けるだけで、Bluetoothを介したワイヤレス通話が可能な上、様々な情報をリアルタイムで送受信出来るというような端末。

当然というか、カメラも搭載されていて、その映像を他のライダーに送ったり、また、バイザーをヘッドマウントディスプレーとして利用し、ネット上の情報を見る事が出来たりするみたい。

まぁ、あくまでコンセプトモデルで、「2015年にあったらいいな」と思えるようなものという形で作られているらしいんだけど、これ、フルフェイスヘルメットに装着するだけというのなら、バイクじゃなくても、クルマでのサーキット走行や、カートで走る時なんかに装着して走ったら面白そう。

たとえば、少し前にカートに乗りに行った時に、小さめのムービーカメラをヘルメットに付けて走ってみたけれど、そんな無理矢理な取付け方をしなくても、簡単に車載映像が撮れるだろうし、ネット経由で情報がやり取り出来るなら、現在のラップタイムなんかの情報をバイザー上に表示出来たりすると便利そう。

カートだったら、振り向かなきゃ後方確認出来ないけれど、後にカメラを付けて、単純に後方確認用に使うのも悪く無さそうだし。

音声での通話だけだったら、単純にBluetoothのヘッドセットを付けて、携帯経由で通信したらいいんだろうけれど、映像も合わせて使えるようになるともっと色々な事が出来るかも。

これがこの先発売されたとして、使おうと思ったら当然WILLCOMの契約が必要になるんだろうけれど、そういう使い方が出来るんだったら、ちょっと気になるなぁ。

まぁ、ホントに、あくまでコンセプトモデルなので、こういうものが将来的にも販売されるかどうかさえわからない段階ではあるんだけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/614

コメントする