30.08.09

F1 ベルギーGP 予選

belgp_09_q_gf.jpg

2009年F1世界選手権第12戦ベルギーGP。
現地スパ・フランコルシャンで土曜日午後に行われた予選は驚きの結果。

ポールポジションはなんとなんと、フォースインディアのジャンカルロ・フィジケラ。

自身4度目、そして、フォースインディアにとっては初のポールポジション。

Q1でトップタイム、Q2で4番手タイム、Q3終了後の燃料搭載量も極端に軽いワケじゃなく、これは決勝レースでもかなり期待が持てそう。

2番手がトヨタのトゥルーリ、2列目、3番手がBMWザウバーのハイドフェルド、4番手ブラウンGPのバリチェロ。

トゥルーリ、ハイドフェルドはフィジケラよりも燃料を積んでいて、予想されるピットインも2、3周後、バリチェロはフィジケラよりも軽く、ピットインのタイミングも早いので、フィジケラがスタートから飛ばし、最初のピットストップまでにトゥルーリ、ハイドフェルドに対してキッチリとリードを築く事が出来れば優勝、少なくとも表彰台ぐらいは見えてくるかもしれない。

3列目、5番グリッドにはBMWザウバーのクビサ。
今回、ハイドフェルドと共にBMWザウバーが好調。

6番手はフェラーリ、ライコネンで、KERS搭載車としては一番前。
いつも通りスタートで何台かパスして順位を上げる事が出来れば、ライコネンのこの位置はかなり面白い存在になりそう。

7番手グロック、8番手ベッテル、9番手ウェバーとレッドブル勢が続き、10番手はウィリアムズのロズベルグ。

トップ10はこんな感じで、フィジケラのチームメイト、スーティルは11番手からスタート。
ポイントランキングトップのバトンは14番手からとかなり苦しい位置。

今回の予選は久しぶりに、ホント驚いた。
今年のスパもかなり面白いレースを見る事が出来そう。

トゥルーリもトヨタの初優勝が狙える位置だし、今シーズン全然ダメだったBMW勢がかなり速いし。

けど、やっぱりフィジケラに勝って欲しいなぁ、今回は。
スパは天気次第でどうにでも順位が変わっちゃう可能性があるので、ポールだからといっても全然安泰じゃない。
現地の天気はどんな感じになるんだろう?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/577

コメントする