05.10.09

F1 鈴鹿西コースウォーク

suzuka_f1_cirwalk_01.jpg

今年のF1日本GP、レースが終わった後もしっかりイベントがあって、その1つが西コースウォーク。

ついさっきF1マシンが走ったばっかりのレーシングコースのうち、西コース(デグナーからシケイン手前まで)が解放されて自由に歩けるというイベント。

さすがにクラッシュしたマシンは回収されているし、基本的な清掃作業が終わった後だけど、自分の足でさっきまでF1が走っていたサーキットの路面を踏みしめて歩けるというのはかなり嬉しい。

よーく見ればライン上や、縁石の上にタイヤ痕も残ってるし、黒くなってる部分とラインを外れたところを足で踏んで比べてみると、タイヤの跡の残ってるところの方が若干ネチネチした感触で、こういうのが「ラバーが載っている」って事なのかなぁなんて思ってみたり。

suzuka_f1_cirwalk_02.jpg

コース脇には掃き出されたタイヤカスも落ちているし、歩いてみてこそわかるレースが行われたすぐ後という痕跡が沢山。
端の方で柵に囲まれているものの、アクシデントで壊れた看板なんかも。

サンドトラップは足がちょっとだけ沈み込むぐらい深くて、砂というよりはかなり粗い砂利。

最初はかなりの人がサーキット内に居たけれど、西コース内を一周している間に徐々に日も暮れてきて、人も疎らに。
そして、半分だけの西コースといえども、サーキットって長い。

コースから出る頃にはかなり疲れた。
これも歩いたからこその実感。

suzuka_f1_cirwalk_03.jpg

こういうのも含めて鈴鹿の日本GPはやっぱり楽しい。

この西コースウォークの良さはもう1つあって、これに参加した人も帰る時間がバラバラだっただろうし、参加しないで帰った人もいるだろうしで、サーキットをゆっくり1周して帰路につく頃には渋滞もほぼ無くなっていて、帰りもホントにスムーズ。

こういうイベントは是非来年以降も続けて欲しい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/541

コメントする