02.11.09

F1 アブダビGP 決勝

abugp_09_fin_sb.jpg

2009 F1世界選手権最終戦アブダビGP。
ヤス・マリーナ・サーキットで行われた、初開催のこのトワイライトレースは大きな混乱も無く、徐々に変わっていく空の色、サーキットの綺麗さも合わせてなかなか良いレースだった。

ポールからスタートしたハミルトンがレース中盤でブレーキのトラブルによってリタイヤ。
そのハミルトンを逆転し、アブダビGP最初の勝者となったのはレッドブルのベッテル。

2位にもチームメイトのウェバーが入り、レッドブルの1-2。

3位には前戦ブラジルでチャンピオンを決めたバトン。

チャンピオンシップを争っていたドライバーが揃って表彰台に上がり、今シーズンの締めくくりに相応しいレース結果。

最後の数周、2位のウェバーを追い上げたバトンには、チャンピオンシップを争っていた頃の重圧から解き放たれた、思い切りの良い走りが見られて良かった。
チャンピオンらしい走りというのとは違うかもしれないけれど、ちゃんと攻めた走りも出来るんだという事を証明したと言えるし、やっぱりF1では順位を争うコース上でのギリギリの攻防というのを見せてもらいたい。

4位にはこちらもチャンピオンシップを前戦まで争っていたバリチェロ。

5位ハイドフェルド、6位小林可夢偉、7位トゥルーリ、8位ブエミまでが入賞。

6位小林可夢偉はF1参戦2戦目での初入賞。
1ストップ勢ではただ一人の入賞で、チームメイトのトゥルーリより前でゴールしたのは大きい。
そして、今回も相手がピットアウト直後とはいえ、チャンピオンのバトンをオーバーテイクする場面を見せる事が出来たのがまた好印象。

これで今シーズンは全てのイベントが終了し、ドライバー、コンストラクター共にチャンピオンシップの順位も決定。

ドライバーズチャンピオンシップの方は、バトン、ベッテル、バリチェロ、ウェバー、ハミルトン、ライコネンといった順。
コンストラクターズチャンピオンシップの方は、ブラウンレッドブルマクラーレンフェラーリトヨタといった感じのランキング。

うーん・・・、フェラーリ4位かぁ・・・。
今回のアブダビでライコネンがポイント獲得出来てたら、マクラーレンと並んだか、逆転出来てたかもしれないけれど、現状のF60ではどうもこのあたりの順位が限界らしい。

一通りレースが終わった事で、今度はドライバーの移籍の話題が中心になってくるんだろうなぁ、F1
来シーズンは参戦チームも増えるし、アロンソがフェラーリに移籍する事で、上位チームでも大きなラインナップの変更がありそうだし。

そして、給油が無くなる来シーズン、見ている方としては順位がかなりわかりやすくなりそう。
新チームもどんな感じになっているのか楽しみだし、来シーズンも面白いレースが見られる事を期待。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/513

コメントする