09.12.09

HONDA CR-Z , U3-X & EV-Cub in 大阪モーターショー

honda_cr_z_oms.jpg

トヨタに続いて、今度はホンダ

今回の大阪モーターショー、確実にコストダウンの影響は見受けられるものの、一番頑張って展示ブースを作っていたのはホンダかなと思う。

そのホンダではやっぱりこのクルマ。
市販も間近の"CR-Z"。

市販化にあたって、いかにコンセプトカーの格好良さをそのまま保てるかという事がこのCR-Zのテーマだったようで、パンフレットにも「Hondaはお約束します。今回のコンセプトカーとほぼ変わらぬデザインで、あなたのもとへお届けすることを。」と書いている。

そんな感じで2年前のコンセプトモデルと比べてみると、確かにコンセプトカーならではの尖った部分は大分取れてしまったところはあるものの、なるべく変えないという意思は伝わってくる。
Hondaグリーンマシーン003としてデビューする来年2月が楽しみ。

honda_u3_x_oms.jpg

ただ、そんなCR-Zよりも、「これに乗ってみたい!」と思ってしまったのは"クルマ"じゃなくて、次世代型電動一輪車"U3-X"。

まぁ、クルマじゃないのはちょっとだけ残念だけど、会場でもこれのショーをしてる時は結構人が集まっていたし、注目されていたのは確か。
よーく見ると、乗ってるお兄さんの足が若干プルプルしてたりして、実は乗るのがちょっと難しいのかなとも思ったけれど、それでもやっぱり乗ってみたい。

バランスを保つのに、ASIMOで培った技術を応用していたり、とにかく未来っぽくて良い感じ。
市販されるとしてもかなり先になるんだろうけれど、是非とも市販化に向けて開発を進めていってほしいところ。

honda_ev_cub_oms.jpg

そして、こちらは電気のCub

「スーパーカブをデンキにしたら?」なんてコンセプトそのまんまな感じなんだけど、これもやっぱり見てみたかった1台。

なんか、最近のホンダって、飛行機とか、二足歩行ロボットとか、次世代の乗り物とか、普通のクルマ以外のものの方が魅力的なような気が・・・。
まぁ、ホンダってそもそも"技術研究所"なんだから、それはそれでいいのかもしれないけれど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/476

コメントする