17.12.09

小林可夢偉がザウバーのシート獲得

k_kobayashi_toyota.jpg

最近ちょっと暗い話題が多かったF1で、久しぶりに明るいニュース。

2009年シーズン最後の2戦でグロックの代役としてF1にデビューし、印象的な走りを見せていたものの、トヨタF1撤退によって来季の参戦が危ぶまれていた小林可夢偉
その小林可夢偉が2010年のザウバーのシートを獲得したという正式なリリースが発表された。

BMWが撤退し、結局前オーナーのペーター・ザウバーのもとに戻ってきたザウバーチーム。
もうBMWのワークスでも何でもないので、資金繰りや開発面では厳しい戦いを強いられるかもしれないけれど、現状で空いている2010年のシートの中ではかなり良い方じゃないかと思う。

ペーター・ザウバーは若いドライバーの才能を見いだすという点でも定評あるし。

佐藤琢磨がロータスと契約出来なかったりしたあたりで、来季はF1から日本人ドライバーがいなくなっちゃうかもしれないなと思っていただけに、この可夢偉がザウバーのシートを獲得したというのは本当に嬉しいニュース。

ホンダトヨタも撤退してしまったF1なので、これからの日本人ドライバーはこれまでのようにメーカーのサポートでシートを獲得するという事が出来ない状況。
小林可夢偉ザウバーで結果を残して、これからF1でしっかり生き残っていってほしいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/468

コメントする