22.01.10

MINI-Z 2.4GHz 初走行

miniz_asf24ghz_100122.jpg

先日2.4GHz化したMINI-Z

今度はサーキットに持ち込んで初走行。

2.4GHz基板のMR-015シャシーにDinoのボディを載せて走らせてみると、これまでのAM27MHz基板とレディセット標準プロポの時と全然感覚が違う。

加速もちょっと良くなっているみたいだけど、それよりもとにかくステアリングがクイック。
クイクイ曲がって、最初はクルクル回ったり、勢い良く曲がり過ぎて転がってしまったり。

それでも、慣れてくると2.4GHzは反応も良くて走らせやすい。
ダメになっていたポテンションメーターも新しくなったので、ストレートでもキッチリ真っ直ぐ走ってくれるし。

で、色々セッティングを試してると、Dinoのフロントにはオフセット2.5mmのホイールでも入ってしまう事がわかった。

ただ、プラス2.5mmオフセットのホイールだと、フルボトム時にフェンダーに干渉したりはしないけれど、ステアリングを目一杯切った時に、フロントバンパー下のボディが内側に巻き込んでいる部分に干渉する。
なので、プロポ側でステアリングの最大切れ角をここにギリギリ干渉しない程度に調整。

これで、ステアリングのクイックさはかなり無くなり、小回りもちょっと利かなくなったけれど、かなり安定して走るようになった。

セッティングもある程度出来てきて、走らせやすくなってきたMR-015Dino
まだまだ壁にガツンガツンぶつかったり、コロコロ転がってるのは、どうも操縦する人間に問題がありそう。
折角2.4GHz化した事だし、もうちょっと走り込んで上手くならないと。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/432

コメントする