16.01.10

MINI-Z 2.4GHz コンバージョンセット

kyosho_asf_conversion_set.jpg

MINI-Zを始めて以来、基板はずっと買った時のまんま。
プロポもレディセットに標準で付いてるものを使ってきた。

けれど、最近ステアリングがカタカタと動くチャタリングがちょっと気になってきて、どうせサーボギア周辺をバラすんだったらこの機会に2.4GHz化してみようと思い、仕様変更に必要なパーツがすべて揃っている"2.4GHz コンバージョンセット (MR-015/02用)"を注文。

2.4GHz用の送信機・パーフェックスKT-18、レシーバーアンプユニット(専用基板)RA-18、MR-02用とMR-015用のアッパーカバー、ペアリングスティック、クリスタルソケットカバーまで含まれていて、これだけでAM27MhzのMINI-Zを2.4GHz化出来るらしい。

早速届いたセットの中身を見てみると、ちゃんとプロポも基板も入ってる。

プロポはこれまで使っていたレディセット標準のに比べて、かなり小さくて良い感じ。
電池もこれまで単3電池が8本必要だったのが、単4電池4本で済むようになるので、これも有り難い。

早くこのプロポを使って走らせたいところだけど、今のところ届いたばかりで中身を確認しただけ。

基板のところのカバーを開けた事も無いし、ステアリングギア周辺も分解した事ないけれど、さすがに基板の交換作業はちょっと手間が掛かりそうかな。
結構色んなもの外さなきゃいけなさそうだし。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/438

コメントする