01.02.10

Sauber C29

sauber_c29.jpg

フェラーリマクラーレンに続き2010年シーズンの新型車を発表したのはザウバー

BMWが撤退し、メインスポンサーだったペトロナスも失ってしまったので、その車体にはほとんどスポンサーロゴが見当たらない。
白ベースのボディカラーは、去年までブルーだった部分がグレーになったぐらいで塗り分け方はあまり変わっていないから、レースを走ってる時の印象もそう変わらないかも。

ただ、まだカーボン剥き出しの部分があったり、エンジンカウル部分はドライバー名が書いてあるだけだったりするので、開幕までに大きくカラーリングが変わる事もありそう。

車体的にも去年のマシン、F1.09の後半戦仕様の延長線上にあるような形をしていて、真っ直ぐ伸びたハイノーズや、怒り肩なサイドポッドが特徴的。

まぁ、去年後半、BMW撤退が決まってからは2010年用に開発してたパーツをどんどん投入していたので、ある程度そのまんまなクルマが出てくるのも当然と言えば当然。

エンジンも、ギアボックスも、BMWからフェラーリ製に変更。
今年のレギュレーションに合わせて燃料タンクが大きくなり、ホイールベースも全長も長くなっている。

このC29、見た感じの印象としては結構速そう。
フロントウィングの吊り下げ方もなかなか面白い。

デ・ラ・ロサと小林可夢偉、2人のドライバーのレーシングスーツもまだ真っ白のまんま。
こちらも開幕までにはもう少しスポンサーロゴなんかが増えると思うけれど、新人・可夢偉と久しぶりにレースを走るベテラン・デ・ラ・ロサがC29でどんな走りを見せてくれるのか、開幕が楽しみ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/422

コメントする