06.02.10

Virgin Racing VR-01

virgin_vr_01.jpg

新規参戦チームの中では一番最初に2010年シーズンを戦うクルマを発表したVirgin Racing

"VR-01"は、風洞実験を行わず、CFD(数値流体力学)でのシミュレーションのみで設計されたと言われていて、F1では初の試み。
アメリカン・ル・マン・シリーズを走ったアキュラARX-02で実績はあるものの、それがF1で通用するのかどうか。

このチーム、プロモーションの方も常に意識している印象があるからか、発表されたマシンもなかなかシャープで格好良い。

細く尖ったフロントノーズはやっぱりレッドブルRB5的。

インダクションポッドの形状や、後ろにいくにつれて大きく下がっていくサイドポンツーンの形状もそれっぽい。

ヴァージン・レーシングは今年最初のバレンシア合同テストには参加せず、シルバーストーンでシェイクダウンを行ったみたいだけど、これまでとは違う設計方法を採ったVR-01がどういう走りを見せてくれるのはかなり気になる。

新規参戦チームの中では比較的体制が安定したチームでもあるので、クルマが当たれば今シーズン面白い存在になるかもしれない。
他のチームと一緒に走る事になる、ヘレスでのテストはちょっと楽しみ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/417

コメントする