05.02.10

Williams FW32

williams_fw32.png

メルセデスGPや、トロ・ロッソ同様、バレンシアで2010年型ニューマシンを発表したウィリアムズ

トヨタと決別し、搭載エンジンがコスワースに変更された新型"FW32"は、去年型のFW31を進化させつつ、今年の多くのチームと同様に、去年のレッドブルRB5で見られた空力的要素を取り込んできたようなクルマ。

まず目につくのは去年に比べて明らかに高くなったフロントノーズ。
目立たないけれど、ノーズ上面両端の盛り上がりもちょこっとあるし、車載カメラの取付位置なんかも去年後半のレッドブルっぽい。

インダクションポッド両脇にある小さなインテークは去年からからのウィリアムズの特徴だけど、形は少し変わっているかも。

サイドポッドの前半分は去年型とそう変わらない印象なのに対して、後半は後ろにいくにしたがって思いっきり低くなっている。

この辺りもRB5に似た印象ではあるけれど、さすがにプルロッド式のリアサスは採用していないみたい。

ドライバーラインナップも一新して、N.ヒュルケンベルグとR.バリチェロという組み合わせになったウィリアムズ
去年までの若いドライバー2人じゃなく、ベテランとルーキーという組み合わせになったのは、GP2でタイトルを穫ってF1に来た期待の新人ヒュルケンベルグをしっかり育てていこうという考えがあるのかな?

去年までしっかりポイントを稼いでくれていたロズベルグがいなくなったので、そのあたりを考えると、今年はちょっと苦戦するかも。

バレンシアでのテストではあまり良いと言えるタイムはマークしていなかったけれど、オフシーズンのテストではどんな条件で走っているのかもわからないし、開幕してみるまではまだまだわからなさそう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/418

コメントする