27.03.10

F1オーストラリアGP 予選

2010年F1世界選手権第2戦オーストラリアGP予選。
ポールポジションは開幕戦に続けて2戦連続ベッテルが獲得。
2番手もウェバーで、レッドブルがフロントロウ独占。

3番手にはアロンソ、4番手はバトン。
5番手マッサ、ロズベルグとシューマッハが6番手7番手。
8番手にバリチェロ、9番手クビサ、10番手スーティルという予選トップ10。

ポールのベッテルには今度こそトラブル無くレースを走ってほしいところ。

3番手がまたアロンソなので、この辺りの争いが今回も見所になりそう。

ウェバーが2番グリッドというのも地元オーストラリアが盛り上がりそうで良い感じ。

またまた上位8台はキッチリ4強と言われるチームが占めるのかなと思いきや、ハミルトンがQ2で脱落、11番手に終わってる。

その分予選8-9-10位が面白い顔ぶれで、まさかバリチェロがこんなところに顔を出すとは思ってなかった。

小林可夢偉とザウバーは相変わらず苦しんでいるようで、16番グリッド。
チームメイトのデ・ラ・ロサも14番手。

こちらは決勝での巻き返しに期待したいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/368

コメントする