19.03.10

McLaren MP4-12C

マクラーレンが正式発表した新型、"MP4-12C"。F1じゃなく、市販スポーツモデル。

F1のノウハウを注ぎ込んで開発され、ルイス・ハミルトンも開発に関わっているとの事で、3.8L・V8ツインターボエンジンをミドに搭載。
0-100km/h加速を3秒以下でこなし、最高速は322km/hオーバー、世界最高レベルの性能で2011年初頭に販売開始予定。

決まった台数だけの限定車かなと思っていたら、世界19カ国で年間1000台以上販売する計画になっているらしい。
価格も日本円で2000万円前後ぐらいになるみたいだから、フェラーリのV8モデルや、ランボルギーニだとガヤルドあたりがライバル。
クルマの大きさ自体もちょうどそのあたりのクラス。

最近のスーパーカーとしては見た目もゴテゴテしてなく、結構正統派。
リアビューは個人的にあんまりだけど、基本的にはスッキリしてて格好良いと思う。

名前からしてもF1のイメージそのままのMP4-12C。
やっぱりF1と絡めた感じでプロモーション展開していくんだろうなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/376

コメントする