30.05.10

F1トルコGP

turgp_10_fin_lh.jpg

2010 F1世界選手権第7戦トルコGP。
終盤には小雨がぱらつくも、レースにほとんど影響無し。

L.ハミルトンが今シーズン初優勝。
バトンも2位で、マクラーレンが1-2、レッドブルを1ポイント差逆転しコンストラクターズチャンピオンシップでは首位に。

ポールからスタートし、終盤までレースをリードしたウェバーが3位で表彰台。

4位にはマクラーレン、レッドブルに大きく差を開けられてはいるけれど、M.シューマッハ。
その後ろの5位にチームメイトのロズベルグ。
6位クビサ、7位マッサ、8位アロンソ、9位スーティル、10位に小林可夢偉が今シーズン初めてのポイント獲得。

スタートからレッドブル、マクラーレンの4人が圧倒的な速さでレースをリードして迎えた40周目、ペースが上がらないウェバーに12コーナー進入で仕掛けたベッテルがまさかの接触。
ここでベッテルは残念ながらリタイヤ。

レッドブルは特にチームオーダーも無く、チームメイト同士のバトルも制限していないので、あの状況であればベッテルは仕掛けるだろうし、ウェバーもちょっと残すスペースが狭すぎたかなとも思えるけれど、完全にどちらが悪いとも言えないようなアクシデント。
トップを争う激しいバトルは歓迎だけど、ああいう結末は見たくなかったなぁ・・・。

その後トップに立ったハミルトンとバトンも1度だけ派手にやり合って、一時的にバトンが前に出るも、すぐにハミルトンが抜き返して順位は変わらず。
こちらはかなり接近したものの、クリーンなバトル。

アロンソ、スーティルには前に行かれたものの、小林可夢偉はなんとか粘っての1ポイント獲得。
今シーズンは不運なレースが続いていただけに、初めてのポイント獲得はかなり嬉しいところ。
最後は後ろからチームメイトのデ・ラ・ロサに差を詰められていて、ゴールするまでちょっとドキドキだったけれど。

アクシデントがなければパッと見はちょっと地味だったかもしれないトルコGP。
それでも、トップ4人がギリギリのところでファステストラップを塗り替えながらの争いだっただけに、最後まで目が離せないバトルを見たかったというのが正直なところ。
次戦のカナダでも最後までドキドキするような優勝争いを期待。

でも、大体カナダは荒れるからなぁ・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/304

コメントする