13.06.10

F1カナダGP 予選

cangp_10_q_lh.jpg

2010・F1世界選手権第8戦カナダGP予選。
マクラーレンのルイス・ハミルトンが今季初のポールを獲得。

今シーズンは開幕からすべて、レッドブルのドライバーどちらかがポールを獲得していたので、レッドブル以外のドライバーのポールポジションというのも今季初。

ハミルトンQ1・Q2も最速タイム、Q3でも圧巻のアタックで1:15.105というタイムを記録。

2番手にはウェバー、3番手にはベッテルのレッドブル勢。
ハミルトンには遅れをとったものの、硬い方のタイヤでQ3もアタックしていて、決勝レースでの戦略を考えての予選ではあるみたい。

4番手にはアロンソ、5番手バトン、6番手にはちょっと驚きのリウッツィ。
7番手マッサ、8番手クビサ、9番手スーティル、10番手ロズベルグというトップ10。

予選では多くのチームがタイヤのウォーミングアップに苦しんでいて、どうもタイヤがちょうど良い温度になるまでに結構時間がかかるみたい。
ベッテルなんかもアタック直前には車体を左右に振って必死にタイヤを温めていたけれど、そういうタイヤの使いにくさが決勝レースでの戦略にも影響を与えそうで、今シーズンでは珍しい2回以上のピットストップという戦略もあり得そう。

ただ、決勝では雨が降るという予報もあるので、そのあたりもまた難しい。

そのタイヤの使い方にかなり苦労しているのがザウバーで、小林可夢偉は今シーズン初めてQ1で脱落し18番手。
チームメイトのデ・ラ・ロサもQ1突破したものの17番手。

荒れやすいカナダだけに、決勝では巻き返してほしい。

決勝レースはこの後、日本時間では日付をまたいで14日午前1時から。

2・3番手からスタートするレッドブルの2人がどうやってハミルトンを攻略するのか、ハミルトンがやっぱり決勝でも速いのか。
楽しみにスタートを待ちたいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/290

コメントする