14.06.10

F1カナダGP

cangp_10_fin_lh.jpg

2010年F1世界選手権第8戦カナダGP。
モントリオール、サーキット・ジル・ビルヌーブで行われた決勝レースを制したのはルイス・ハミルトン。
ジェンソン・バトンも2位を獲得し、マクラーレンが前戦トルコGPに続き、2戦連続で1-2。

この勝利でハミルトンはウェバーを逆転しポイントリーダーに。

3位はフェラーリ、フェルナンド・アロンソが表彰台獲得。

レッドブルはベッテル、ウェバーがそれぞれ4・5位でフィニッシュ。

6位ロズベルグ、7位クビサ、8位ブエミ、9位にリウッツィ、10位にスーティルとフォース・インディアの2人で、ここまでが入賞、ポイント獲得。

今回のカナダGP、とにかくタイヤに翻弄されたレース。
荒れた路面に低い気温でタイヤが温まらない上に、決勝も中盤以降になるまでラバーが乗らず、ほとんどのチームが給油の無い今シーズンでは通常あり得ないマルチストップ。

スタートでオプションタイヤを選択したドライバーは10周もしないうちにピットイン。

これで硬い方、プライムタイヤでスタートしたレッドブル勢が有利になるかなと思いきや、こちらのタイヤも序盤は20周程度しか持たず、多くのドライバーがプライムを選ぶ中、ベッテルはここでオプションを選択。

その後、他のドライバーが2回目のストップでタイヤを交換する中ステイアウトしたウェバーがトップで周回を重ねるも、終盤ペースが落ち、50周目にタイヤを交換してコースに復帰した時に5番手に。

レース終盤になって急激にコースにラバーが乗って、後半は思ったよりタイヤがもっちゃったあたり、レッドブルにとっては誤算だったのかな。
まぁ、それでも終盤マクラーレンの2人とアロンソのタイヤはかなり厳しそうだったけれど、どうもベッテルはまたトラブルを抱えていたみたいなので、結局モントリオールでのレッドブルには圧勝出来るほどの速さは無かったのかもしれない。

ここにきて急激に速さを取り戻しつつあるように見えるマクラーレン。
コースとの相性もあるんだろうけれど、最高速が圧倒的にに速いっていうのはレースでかなり大きな武器になってる。

セーフティカーが入るような大きな波乱も無いのに、目まぐるしく順位の入れ替わる今年のカナダGPはホントに面白いレースだったけれど、チャンピオンシップの行方はまたまたよくわからなくなってきた感じ。
少し前まではレッドブルの2人だけでタイトルを争うようなシーズンになっちゃうのかななんて思ってたのに。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/289

コメントする