27.06.10

F1ヨーロッパGP

eurgp_10_fin_sv.jpg

2010 F1世界選手権第9戦ヨーロッパGP。
バレンシア・ストリート・サーキットで行われた決勝レース。
ベッテルがポール・トゥ・ウィンで今季2勝目。

2位にハミルトン、3位にはバトンという表彰台。

4位バリチェロ、5位クビサ、6位スーティル、7位に18番手スタートから挽回した小林可夢偉。
8位ブエミ、9位アロンソ、10位にデ・ラ・ロサで、ここまでが入賞、ポイント獲得。

2番手からスタートしたウェバーはスタート直後に順位を落とし、その後9周目にコバライネンと接触し、宙を舞う大クラッシュ。
本人が大事に至らなかったのは幸いながら、これでセーフティカー導入。

その際にセーフティカーを追い抜いた事で、ハミルトンにはドライブスルーのペナルティ。
・・・だけど、コース上で2位を走っていたハミルトンはそこでペースを上げて後続との差を広げ、ペナルティを終えてコースに戻った時には、トップのベッテルに差を広げられたものの結局同じ順位。

さらに、このセーフティカー導入時に指示されたタイムで走行しなかったとして、バトン、バリチェロ、ヒュルケンベルグ、クビサ、ペトロフ、スーティル、リウッツィ、ブエミ、デ・ラ・ロサの9人がレース後の審議対象になっている。

これによって後々レース結果が変動する可能性あり。

そして、この時にほとんどのクルマがピットインしてタイヤを交換する中、ピットに入らず走り続けた小林可夢偉の作戦が功を奏し、レース終盤54周目にピットインした際にはアロンソの後ろ、9番手でコースに復帰。
この後、フレッシュなタイヤを活かして56周目にアロンソをオーバーテイク、ファイナルラップに最終コーナーでブエミも抜いての7位。
タイヤの状態が良いとはいえ、最高速も最下位クラスのクルマで、フェラーリを抜き去る映像にはちょっと鳥肌が立った。
小林可夢偉、カナダのミスを挽回する良いレース。

ライバルが早々に居なくなり、3位以下も小林可夢偉が封じ込めてくれたので、かなり楽なレースになったベッテルはそれでもさすがに完璧な走り。
この勝利でポイントリーダーのハミルトンとも12ポイント差のチャンピオンシップ2位。

次は高速コースのシルバーストンだけにマクラーレンが有利とは言われているけれど、コースレイアウトが変わって初めてのグランプリ。
どのチームが速いかはちょっと読みにくいかも。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/276

コメントする