31.07.10

F1ハンガリーGP 予選

hungp_10_q_sv.jpg

ベッテル速すぎ!!

2010 F1世界選手権第12戦ハンガリーGP、予選。
ハンガロリンクで未だ誰も出した事の無い1分18秒台というタイムを記録し、セバスチャン・ベッテルが今シーズン7度目のポールポジションを獲得。

2番手につけたチームメイトのウェバーに対しては0.411秒の差。

それでも、オンボードでベッテルのアタックラップを見ると、最後にちょっとミスしてるワケで・・・、それが無ければもっと速かったんだろうなぁ。
それに、最後のアタックでも途中まで自己ベストを更新しながら、最後ウェバーがタイムを更新出来ないのを確認してアタックやめちゃったっぽいので、それも最後までアタックしたらもっと速いタイムを記録してたのかも。

3番手にはアロンソ、4番手にはマッサとフェラーリの2人。

5番手にはハミルトン、6番手にロズベルグ。
ペトロフがチームメイトのクビサを上回って7番手、すぐ後ろがそのクビサ。
9番手にはデ・ラ・ロサ、10番手にヒュルケンベルグという予選トップ10。

小林可夢偉は残念ながらQ1脱落。
ピットロードで信号無視してたみたいなので、ペナルティが心配ながら、とりあえず18番手。

山本左近はセナとの差をだいぶ縮めたものの、24番手。

とにかく予選では速いけれど、ここのところスタートで失敗続きなベッテル。
今度こそクリーンなスタートでレースをリードするところを見てみたい。

・・・とは思うものの、クリーンサイドでベッテルの真後ろからスタートするアロンソがスタートで上手く前に出たらそれはそれで面白いかも。

抜けないハンガリーでは予選とともにスタートもまた重要。
明日の決勝も、シグナルが消えた直後から目が離せないレースになりそう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/242

コメントする