10.09.10

F1イタリアGP 金曜フリー走行

itagp_10_free_sv.jpg

2010 F1世界選手権第14戦イタリアGP。
モンツァを舞台にまずはフリー走行から。

1回目のセッションではバトン、2回目のセッションではベッテルと、前戦のゴタゴタからチャンピオンシップで遅れをとってしまった2人がそれぞれのセッションでトップタイム。

ベッテルは1回目のセッションでも2番手タイムと、初日から結構タイム出しにいってるのかな?

最高速の速さでマクラーレンがもっと速いのかなと思っていたけれど、今のところはそれほどでもない感じ。

地元フェラーリも、2回目のセッションではアロンソ、マッサの順で2−3番手につけていて悪くない。

さすがに最高速に難ありのザウバー、小林可夢偉は中段以下で、ちょっと厳しいかも。

この後は明日3回目のフリー走行、そして予選。

このところ毎回のように白熱したポール争いを見る事が出来ているので、ここでもまずは予選でのギリギリの争いを期待。

今シーズンヨーロッパで行われる最後のレース。
どんなレースになるのやら。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/192

コメントする