24.09.10

F1シンガポールGP 金曜フリー走行

singp_10_free_mw.jpg

2010 F1世界選手権第15戦シンガポールGP。
ここでは初のウェットで始まったフリー走行。

まだ1回目が終わっただけだけど、その最初のセッションでトップタイムをマークしたのはウェバー。
チャンピオンシップをリードしているだけに、ここでも調子良さそう。

このコース初めてのハズのシューマッハが2番手タイムなのはさすが。

以下、スーティル、ベッテルが続くような具合。

ウェットという事で、走行を控えめにしたドライバーも多そう。

ロータスはトゥルーリの代わりにファイルーズ・ファウジーを、ヴァージンはディ・グラッシの代わりにジョローム・ダンブロッシオをそれぞれフリー走行で起用。

気になるのは山本左近が突然欠場となり、代わりにクリスチャン・クリエンが走っているあたり。
すでに日本GPに向けて、鈴鹿では山本左近応援席まで発売されてるのに大丈夫かな?

小林可夢偉12番手タイム。

まぁ、まだまだどうなるかわからない金曜日のセッション。
今も2回目のセッション走行中ではあるけれど、まずは明日の予選、どんな結果になるのか楽しみに待ちたいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/178

コメントする