26.09.10

F1シンガポールGP 予選

singp_10_q_fa.jpg

2010 F1世界選手権第15戦シンガポールGP予選。
最速だったハズののベッテルはQ3で壁に接触するミス、2番手に終わり、ポールポジションを奪ったのはフェラーリのフェルナンド・アロンソ。

ハミルトンが3番手、バトンが4番手でマクラーレンが並び、ポイントランキングトップのウェバーは5番手。

6番手にバリチェロ、7番手ロズベルグ、8番手クビサ、9番手にシューマッハで、10番手が小林可夢偉というトップ10。

速いと思われていたレッドブルは2人とも予選で若干不発。
フェラーリはマッサがトラブルによりQ1脱落だったものの、アロンソがポールを獲得し、モンツァから良い流れ。
ここで優勝する事が出来ればチャンピオン獲得に向けてより希望が持てそう。

小林可夢偉の10番グリッド獲得も本当に良くやったと言える位置。
今回からチームメイトがデ・ラ・ロサからハイドフェルドに代わってどうなるかと思ていたけれど、まずは最初の予選でそのチームメイトを下せたのは上出来。
ハイドフェルド、久しぶりのレース復帰とはいえ、しっかり評価されてる速いドライバーなので、まずは予選で勝てたというのは高評価。

さすがにQ3に残って、それ以上の結果は今のザウバーではちょっと厳しい。

どうも天気が怪しい今年のシンガポール。
明日の決勝中に雨になれば、それこそ大波乱になりそうだし、直前に雨が降ってもかなり路面の乾きが悪く、レースに大きく影響しそう。

何かあったら高確立でセーフティカーが導入されるコースなので、決勝はどんなレースになる事やら。

アロンソとベッテルの緊迫したトップ争い、久しぶりの上位グリッドからスタートする小林可夢偉がどんな走りを見せてくれるのかも楽しみに決勝レースを待ちたいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/176

コメントする