22.10.10

F1韓国GP 金曜フリー走行

korgp_10_free_mw.jpg

無事初開催初日を迎えた、2010 F1世界選手権第17戦韓国GP。

直前までコースが完成せず、アスファルトは敷きたて、コースの施設も結構未完成のまんまという状態で、どんなグランプリウィークになるんだろうかと心配していたけれど、金曜日のセッションは特に大きな問題も無く終了。

ただ、とにかくコース上は埃まみれ、砂まみれ、アスファルトにはかなり油も浮いている様子。
TVで見ていても、ラインを外せば相当な勢いで埃を巻き上げているし、タイヤも一瞬で真っ白になってる。

そんな感じで、最初のセッション走り出しは各チーム、ドライバーとも探り探りな雰囲気。
それでも、初コースだからか、各車精力的に走り込み。

最初のセッションでトップタイムをマークしたのはルイス・ハミルトン。

とにかく初めて使われるサーキットなので、クルマ走れば走るほど路面が綺麗になり、ラバーも乗ってくるようで、タイム的には後半に走ったらそれだけ速くなっている感じ。

午後のセッションではウェバーがトップタイムで、午前のハミルトンのタイムから3秒近く短縮。
これもどんどん路面が仕上がってきたおかげかな。

2番手タイムにアロンソ、3番手タイムはハミルトンと、チャンピオンシップを争うチームがバランス良く上位タイム。

まぁ、明日の土曜日にもどんどん路面が良くなっていくだろうから、タイムはまだまだ上がっていきそうだけど、やっぱりここでもチャンピオンシップを争う3チームを中心に進んでいきそう。

面白そうなのはルノーのクビサの存在で、1回目のセッションで2番手、2回目のセッションで4番手と、なかなか良い位置。
ルノーはセクター1が結構速くて、長いストレートでFダクトが上手く機能しているのかな?

日曜日に雨の予報があったりするのがちょっと心配ではあるけれど、まずは明日の予選、初開催だけにどんなセッションになるのか楽しみに待ちたいところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/150

コメントする