14.11.10

F1アブダビGP 予選

abugp_10_free_sb.jpg

2010F1世界選手権最終戦アブダビGP予選。

今年最後の予選を制したのは、ドライバーズポイントでランキング3位から逆転のチャンピオンを目指すS.ベッテル。
これでベッテルのポールは今シーズン10度目。
とにかく、ここでも一番速い事は間違い無さそう。

2番手につけたのはハミルトン。
こちらもポイントでは4位ながら、ギリギリチャンピオンの可能性有り。

3番手がポイントリーダーのアロンソ。
アロンソは2位以上でフィニッシュすれば無条件でタイトル獲得。
3番グリッドからのスタートは若干微妙な位置。

ベッテルとの間に挟まったハミルトンがちょっと面白い存在。

4番手はバトン。
5番手にはポイント2位のウェバー。
逆転タイトルに向けて5番手はちょっと厳しい、バトンが前にいるのもちょっと辛いかも。

6位にはマッサ、7位バリチェロ、8位シューマッハ、9位ロズベルグ、10位ペトロフまでがトップ10。

マッサはアロンソをサポートするべき立場ではあるけれど、チャンピオン獲得の可能性がある4人が揃ってマッサより前なので、そういったところはあまり期待出来なさそう。

タイトルを最後まで争っている4人がキッチリと上位5位以内からスタートという形で直接順位を争うだけに、スタート直後から目が離せない展開になることは間違い無い今回のアブダビGP。
どんなレースになるのか今から本当に楽しみだけど、アブダビGPは夕方スタートのトワイライトレース。
スタートは現地で17時(日本時間22時)。
とにかくそのスタートが待ち遠しい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/127

コメントする