01.12.10

Alfa MiTo TCT 試乗

alfa_mito_tct_101129_1.jpg

147の点検を受けたついでに、数日前に試乗車が入ったばかりというMiTo TCTに試乗もさせていただいた。

デビューして間も無い頃、マニュアルのMiToには乗ったけれど、当然ながら2ペダルのMiToは初めて。

満を持して登場のTCT
まずはATのセレクターをDレンジ放り込んでATモードでドライブ。
Alfa D.N.A.システムはNormal。

・・・ビックリするぐらいシフトアップがスムーズ。

さすがデュアルクラッチ。
変速にかかる時間は0.03-0.04秒という話なので、意識してなきゃいつ変速したのかわからないぐらい。

alfa_mito_tct_101129_2.jpg

それと、Start&Stopというアイドリングストップ機能が思った以上に積極的。
信号待ちぐらいの停止では基本的にストンとアイドリングを止めちゃう。
で、ブレーキを話すとエンジン始動。

これ、慣れないと信号が青になったときにモタつくかも。

まぁ、でも、滅多にアイドリングストップしないよりは、コレぐらいしてくれた方が燃料節約してる感はあると思う。
慣れれば信号よりちょっと早めにブレーキ離してエンジン始動なんて事も出来るし。

alfa_mito_tct_101129_4.jpg

ATモード、D.N.A.ノーマルでチョコッと走ったら、今度はマニュアルモード。
試乗したMiToCompetizioneの方だったのかな、ステアリング裏にパドル付き。

147と同じようにシフトアップ&ダウンしてみると、マニュアルでもやっぱりスムーズ。
シフトダウン時には当然ブリッピング有りで、これがまた気持ち良い。

そして、今度はD.N.AシステムをDynamicへ。

相変わらずハッキリわかる性格の変わりっぷり。

alfa_mito_tct_101129_3.jpg

とにかく、アクセルは軽くなったように感じるし、トルクもあって吹け上がりも軽くなる。
やっぱり、MiToの本質はこっちかな。
道が空いてればいつまでも乗っていたいと思わせくれる。

TCT、思ってた以上に良い感じ。
セレスピードと違ってクリープも有ったりするので、普通のAT乗ってた人にも乗りやすそう。

セレスピードも味があって良いんだけど、・・・このギアボックス、147に載らないかな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/110

コメントする