25.03.11

2011 Rd.1 F1 オーストラリアGP 金曜フリー走行

circuit_albert_park.jpg

F1世界選手権、2011年シーズンの開幕戦オーストラリアGP。
アルバートパークを舞台に行われた初日のセッション。

相変わらずオフシーズンのテストに全く参加しなかったヒスパニア・レーシングが、フリー走行中に一生懸命クルマを組み立てる姿も見られたりしたけれど、2回行われたセッションで最速タイムをマークしたのは前評判がイマイチだったマクラーレン。

2回目のセッションでバトンがトップタイム、ハミルトンも0.132秒差の2番手。
開幕前のテストでは全く本気で走ってなかったのか、それとも短期間で開発をかなり進めてきたのか、フリー走行なのでまだまだ何とも言えないけれど、シーズンが始まってみればしっかり速さを見せているのはさすが。

レッドブル勢もやっぱり速く、1回目のセッションでは地元ウェバーがトップタイム、ベッテル2番手。

フェラーリもアロンソが1回目、2回目ともに3番手と順調。

開幕戦という事で、今シーズンから新しく導入されたものが色々気になるけれど、TVの画面でもハッキリわかるのは、やっぱりピレリタイヤとフラップ可変リアウィング。

ピレリタイヤはロゴの色でコンパウンドを見分ける事が出来るけれど、今回投入されるドライタイヤは黄色いロゴのソフトと、銀色ロゴのハード。
それに、雨が降った時にはオレンジのウェットと、水色のインターミディエイト。

TVで見ている限り銀色はちょっとわかりにくいけれど、タイヤ側面が黄色く見えたらソフトという事で、見分ける分には問題無さそう。
ただ、雨が降って視界が悪くなり、タイヤも混在するようになっちゃうとややこしくなるかも。

そして、リアウィングの可変フラップ。
こちらは去年までのフロントウィングと違って、とにかくパカッと動くので、TVで見ていても一目瞭然。
決勝では使う場所が制限されるけれど、フリー走行や予選では基本的に使い放題。
予選なんかではどれぐらいフラップ動かしてるか、決勝ではオーバーテイクポイントでリアウィングに注目すると面白そう。

KERSの方はまぁ、画面表示を見ないとちょっとわかりにくいかな。

とにかく、まずは明日の予選が楽しみ。
フリー走行までではわからない各チーム、それぞれのドライバーの本当の速さがようやくわかる。
今年最初のポールはやっぱりベッテルが獲るのか、それとも地元ウェバーや他のドライバーが速さを見せるのか。
始まったら始まったで、今度は予選、決勝が待ち遠しい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/204

コメントする