24.03.11

いよいよ開幕、2011年F1

suzuka_1st_grid.jpg

いよいよオーストラリアで明日のフリー走行から開幕する2011年のF1世界選手権。
本来開幕戦のはずだったバーレーンGPが政情不安により流れてしまったので、かなり待たされた感じがするけれど、とにかく今週開幕。

今シーズン、F1はタイヤがブリジストンからピレリに変更。
ピレリがあえて摩耗しやすくライフの短いタイヤを作ったこともあって、これまでとは違うマルチストップのピット戦略必至の状態。
どういったタイミングでピットインし、ドライバーはどのようにタイヤを扱うのか、新しい考え方に各チーム、ドライバーがどう対応してくるのかも見もの。

また去年使われなかったエネルギー回生システム"KERS"が復活。
導入初年度の2009年には一部のチームしか使いこなせなかったけれど、多くのチームが搭載する今シーズン、うまく使いこなせていないチームにはちょっと不利になるかも。
2009年に使用して実績があるマクラーレン、フェラーリあたりにややアドバンテージがあるかもしれない。

そして、オーバーテイクを増やすために導入された可変リアウィングも、まだレースでどういった使い方が出来るのか未知数。
決勝レースでは、前のクルマとの差が1秒以内になった上で、ストレートの最終600mでしか使用できないということになっているけれど、これも開幕しばらくの様子見。
使用状況を考えた上でのルール変更もあるかもしれない。

これに関してはとにかくホントにオーバーテイクに使えるのかどうなのか、実際に早く見てみたいところ。

現状では昨シーズンのチャンピオンチーム、レッドブルが相変わらず速く、フェラーリがそれに食らいついているという開幕直前の評価。

トップチームではマクラーレン、それにメルセデスが少し遅れているというけれど、それも開発力のあるチームだけに開幕までにかなり修正してくることも考えられる。

クビサが怪我で離脱したのがかなり痛いけれど、ルノーのクルマの出来はかなり良いみたいだし、下位チームではトロ・ロッソが結構速いという噂。

日本人としては小林可夢偉とザウバーに期待したいところだけど・・・。

とにかく明日から開幕のF1。
冬の間待たせれていた分、とにかくサーキットを走る姿を見るのが待ち遠しい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/203

コメントする