15.04.11

2011 Rd.3 F1 中国GP 金曜フリー走行

shanghai_international_circuit_f1.jpg

マレーシアGPに続いてのアジア2連戦、第3戦中国GP。
今日は金曜日のフリー走行。

上海インターナショナルサーキットはモヤなのかスモッグなのか朝からずっと薄曇り。
TVの画面を見てても、遠くは霞んでぼんやり。

そんな上海でも、マレーシアからの勢いそのままにベッテルが1回目、2回目ともにトップタイム。

1回目は2番手ウェバー共々他チームに圧倒的に差を付け、2回目のセッションではハミルトン、バトンのマクラーレン勢が続いて、今シーズンこれまでの力関係そのまんま。

フェラーリはアロンソが午後にはトラブルを抱え、多くの時間をガレージで過ごし14番手タイムに終わり、ちょっと心配。

まぁ、あくまでフリー走行だけど、ここでもレッドブル、マクラーレンが速い事は間違い無さそう。

2回目のセッションではマクラーレンのすぐ後ろにメルセデスの2人がつけていて、タイム差もそれほど無い。
1週間で何かが大きく変わるとは思えないけれど、ちょっと速くなってきてるのかな?

小林可夢偉は2回目のセッションで11番手。
開幕から2戦続けてQ3に進出しているので、ここ中国でも予選トップ10入りに期待。

明日は3回目のフリー走行と予選。
ベッテルがまたまたポール獲得か、それとも誰かがそれを阻止出来るのか、タイヤの使い方も含めて今回はどんな予選になるのか楽しみなところ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1466

コメントする