04.04.11

今週F1はRd.2 マレーシアGP

circuit_sepang08.jpg

今週、F1は今シーズン第2戦マレーシアGP。
舞台はセパン・インターナショナル・サーキット。

開幕戦のアルバートパークは普段は公園という事で、半分公道のようなサーキット、それに気温もかなり低かったので、少し普段のF1とは違う条件。

それに対してセパンはしっかりとした本格的なサーキット。
長いストレートも高速コーナーもあって、空力が重要。

それだけを考えると、オーストラリアで圧勝したレッドブル、ベッテルがより一層速さを見せそうな予感。

でも、かなり気温が高い事が予想されるので、タイヤの使い方とか、機械的な部分での信頼性なんかも大事。

色々見てると、どうもレッドブルはKERSの排熱にちょっと問題あったりするみたいなので、オーストラリアで使わなかったKERSを使うとすれば、そのあたりにちょっと不安があったりはするかも。

高確率で降ってきそうなスコールも気になる要素だし、アルバートパークよりは役に立ちそうな可変リアウィング(DRS)も。

ピレリタイヤも高温の環境下で使われるのは始めてなので、各チームのピット戦略も気になるところ。

アルバートパークではザウバーのペレスがただ1人1ストップ作戦を成功(公式結果としては失格になってしまったけれど・・・)させたけれど、あれがアルバートパークの条件に上手くザウバーC30がハマっただけなのか、とにかくC30はタイヤに優しいのか、これも違う条件で見てみたい。

開幕戦だけでは各チームの本当の速さ、力関係はまだまだよくわからないけれど、それもセパンではもうちょっと見えてくるかなぁ。

とにかく第2戦も楽しみなF1。
まずは4月8日金曜日のフリー走行から。
決勝は4月10日日曜日、17時(日本時間)スタート。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1455

コメントする