22.05.11

2011 Rd.5 F1 スペインGP

espgp_11_fin.jpg

2011 F1世界選手権第5戦スペインGP。
スタート直後、スペインの観客総立ち。
そして、おそらく、TVでF1観てるイタリア人とスペイン人も総立ちだったに違いない、アロンソの見事なスタート。

4番手から一気に先頭に立ち、序盤はレースをリード。
フェラーリはレースペースが良いイメージがあるし、今回久しぶりにアロンソの優勝かもなんて思ったけれど、アロンソのハイライトはそこまで。

結局、タイヤ戦略でベッテルに抜かれ、ハードタイヤも上手く使えず、マクラーレンにも前に出られてしまう。

優勝は昨日の予選2番手で悔しそうだったベッテル。
2位にはハミルトン。

レース終盤はこの2人の争いで本当に目が離せない展開に。
負われるベッテルはKERSにもトラブルを抱え、DRSとKERSを使えるハミルトンにホームストレートで真後ろに迫られるも、なんとか抑えきり、ポールからじゃないと勝てないスペインGPのジンクスも破っての今シーズン4勝目。

やっぱりチャンピオン獲ってから強くなったなぁ、ベッテル。

3位にはスタートで出遅れたものの、1回少ないピットストップでタイヤを上手く使ったバトン。

4位はポールからスタートしたウェバー。
5位アロンソ、6位シューマッハ、7位ロズベルグとメルセデスの2人。
8位ハイドフェルド、9位ペレス、10位小林可夢偉。

ペレス初ポイントで、ザウバーはダブル入賞。

小林可夢偉は1周目にタイヤがパンクして最後尾まで下がってからの追い上げ。
厳しい状況に置かれてもしっかり入賞し、今シーズン開幕戦は失格だったけれど、それでも全戦トップ10フィニッシュ。

ハイドフェルドも最後尾から追い上げてさすが。

またまた本当に面白いレースを見る事が出来たスペインGP。
KERSとDRSがあってもなかなか抜けなかったけれど、それでも去年までに比べたらしっかりオーバーテイクシーンもあったし、ベッテルとハミルトン、アロンソとウェバーなんかのギリギリの攻防がもう本当に素晴らしかった。

次戦もシーズン中最も華やかなモナコGPで2週続けての開催で来週。
スーパーソフトタイヤも登場するらしいし、DRSも使用可能との事だから、ちょっとどんな感じになるか楽しみな今年のモナコ。
DRSがあってもモナコで抜けるかなぁ・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1504

コメント[2]

いよいよベッテルの黄金時代を感じさせられますねー。
偉大なグレーテスト・チャンピオンとなっていくのかどうか楽しみです。

やはりモナコはどんなことをしても抜きにくいのではないでしょうか。
多分タイヤがすべてを握っていそうです。

No.57のporcoさんのコメントへの返信

>porco さん

これまでは“速さ”が際立ってましたが、“強さ”もかなり感じさせるようになってきましたね、ベッテル。
やっぱりチャンピオンをとると一回り大きくなりますね。

モナコ、確かにタイヤが重要になりそうですね。
特に今度は初めてのスーパーソフト登場という事で、場合によってはタイや戦略が大きく変わりそうな予感です。
ソフトとスーパーソフトでグリップと耐久性のバランスがうまく取れていれば良いのですが・・・。

コメントする