20.05.11

2011 Rd.5 F1 スペインGP 金曜フリー走行

circuit_de_catalunya.jpg

2011 F1世界選手権第5戦スペインGP。
カタロニア・サーキットを舞台にまずは金曜日フリー走行。

現地はスペインらしく良い天気。
今年からハイビジョン放送になったおかげもあってか、とても色彩鮮やか。

本格的にヨーロッパラウンドの始まりというのもあって、各チーム細かい部分も含めアップデート盛り沢山。

今後ブローディフューザーが何らかの形で規制されるという話もある中、新しいブローディフューザーを持ってきているチームも多い。

それと、ピレリが新しいハードタイヤを持ってきているというのも注目どころ。

以前に比べて耐久性が増したという事で、ソフトとの差がこれまで以上に大きく、戦略の幅が広がるだろうという話。

ソフト、ハードのタイムと耐久性の差が上手くバランスを取れれば、決勝レースではチーム毎に戦略が分かれて展開は面白くなるかもしれない。

タイヤが新しくなった事もあって、結構フリー走行での周回数も多め。

最速は午前、午後ともにウェバー。

1回目はベッテルが、2回目ではハミルトンが2番手タイムといった具合。

フリー走行から速いレッドブルは相変わらず順調そうで、それをマクラーレンが追いかける展開も相変わらず。

アロンソが1回目4番手、2回目5番手のタイムで、悪くない位置。

ペレスが1回目で5番手、2回目では小林可夢偉が9番手タイムで、今回ザウバーが順調そうなあたりにちょっと期待。

明日はもう1度フリー走行があって、それから予選。
タイヤ戦略もあって予選の戦い方はちょっと微妙ではあるけれど、それでも上位グリッドを巡っての激しい争いが展開されるのは間違い無いので、やっぱり楽しみなところ。
またまたベッテルがポールなのか、それとも誰かがそれを阻止出来るのか。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1502

コメントする