24.07.11

2011 Rd.10 F1 ドイツGP

gergp_11_fin_lh.jpg

2011 F1世界選手権第10戦ドイツGP。
予想されていた雨はホンの少しパラパラと降るか降らないか。
レインも、インターミディエイトも使われる事なく、若干濡れたところはあるものの、基本的には終始ドライコンディションでのレース。

上位が最後まで接近戦を繰り広げる非常に見応えあるレース。
久しぶりにベッテルがいない表彰台。
レースを制したのは2番手スタートのハミルトン。
ピットストップの戦略でウェバーを逆転して、今シーズン2勝目。

ポールポジションからスタートしたウェバーはスタートで出遅れ。
1回目のピットストップで再度トップに立ったものの、その後ハミルトン、アロンソに逆転を許し3位。

アロンソも速さは十分ながら、その速さで走るまで時間がかかるタイヤの温まりの悪さで、ハミルトンを逆転する事は出来ず、2位でのフィニッシュ。

今回、序盤にスピンを喫したり、マッサを抜きあぐねたり、良いところがあまり無かったベッテルも、最後にピットストップでギリギリまで攻め、マッサを逆転し4位。
抜かれたマッサは5位。

母国レースで目立つところは無かったものの、フォースインディアで上々の6位スーティル。

7位ロズベルグ、8位シューマッハとメルセデスGPの2人が続き、その後ろ小林可夢偉が17番手スタートから追い上げて9位入賞。
10位ペトロフで、ここまでが入賞、ポイント獲得。

コース上でのオーバーテイクはそれほど多くなかったものの、上位3人のギリギリの攻防、ピットストップ戦略での順位の入れ替わり、中段でも随所で繰り広げられたバトルで、なかなか見応えあった今回のドイツGP。

いつドサッと雨が降ってくるのかドキドキしていたけれど、結局レースに影響を与えるような雨は降らず、荒れた展開にはならなかったけれど、真っ当なレースでしっかり楽しめた。

気温がかなり低かったという事も関係あるのかもしれないけれど、レッドブル、マクラーレン、フェラーリが互角の速さで争えるようになったというのは、見ている側としては本当に面白い。
すでにポイント差はかなり広がってしまっているけれど、ベッテルを追うドライバーが揃ってベッテルを上回ってポイント獲得。
逆転の可能性は低いとは思うけれど、それでも終盤戦に向けて徐々にでもベッテルを追い詰める事が出来れば今シーズンのチャンピオンシップも面白い。

入賞が途絶えていた可夢偉も素晴らしい追い上げで久しぶりのポイント獲得と一安心。

次戦は2週連続開催で、29日決勝ハンガリーGP。
ニュルブルクリンクとは全く性格が異なる低速コースのハンガロリンクが舞台。
今年のヨーロッパの気温はどこも低いみたいだけど、ハンガリーでもレッドブル、マクラーレン、フェラーリの接戦が見たい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://piede-divino.com/mt4/mt-tb.cgi/1569

コメント[2]

初めまして、まろさん(;^ω^A

時折セントラルサーキットでの走行などの記事を見かけますが
10/23(sun)セントラルサーキットのイタリアンカーイベントには行きますか?

No.170のりうさんのコメントへの返信

>りう さん

初めまして。
コメントありがとうございます。

10/23、セントラルサーキットでイタリア車のイベント、Ciao Italiaですね。
去年は都合が合わず行けなかったのですが、今年はまた行きたいなと思っています。
少し先なので、まだちょっとどうなるかはわからないのですが・・・。

コメントする